薬を飲んでいる女の2人

ザナミビルの副作用

マスクして咳する美人

ザナミビルは、インフルエンザの治療または予防を目的として開発された医療用医薬品で、吸引タイプの製品であるというところが特徴的となっています。
インフルエンザを発症すると、38度以上という高い熱に悩まされたり、関節痛や筋肉痛になったり、のどの痛みや鼻汁が出るなどの症状があらわれます。
こうした症状は、インフルエンザウイルスが引き起こしているものですが、このザナミビルには、インフルエンザウイルスの増殖にかかわる酵素を阻害するという作用があるため、治療や予防に最適なのです。
ザナミビルは、専用の吸引器によって、粉状の薬剤をのどの奥のほうに取り込むといった方法で投与しますが、これは錠剤やカプセルなどの内服するタイプとは違って、副作用のおそれが少ないとされています。
実際にも、このザナミビルの副作用として、販売前の臨床試験の際に確認されているのは、下痢、発疹、吐き気や嘔吐、嗅覚障害などとなっており、それほど深刻なものではありません。
ただし、このザナミビルの重大な副作用として他に考えられるものとしては、皮膚のかゆみ、ただれ、目の充血などの重い皮膚・粘膜障害、意識が薄れたり手足のしびれがあったりするアナフィラキシーなどがあります。
これらはめったにないとはされていますが、もし初期症状が見られた場合には、医師に連絡して適切な処置をしてもらうことが必要です。
また、このザナミビルは吸入タイプであることから、気管支喘息をわずらっている人などが使用すると、喘息の発作を引き起こしてしまう可能性もあります。
気管支拡張薬などを併用する場合には、そちらの薬のほうを先にして、このザナミビルのほうを後で吸引するといった、使用方法の工夫が望まれます。

サイト内検索
人気記事一覧
  • マスクして咳する美人
    ザナミビルの副作用 2019年06月10日 閲覧数:31
最近の投稿
    アーカイブ